本事業は、「福泊川東町内会地区および海吉出村町内会地区」を対象として、2015年~2016年2月に実施いたしました。
現在、補助金の受付(無料住宅診断、リフォーム補助)は終了させていただいております。

国土交通省 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業について

  • モデル事業概要
  • 事業の実施内容
  • 事業の終了にあたって
  • 今後の活動について

モデル事業概要

国土交通省 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業 岡山市 福泊川東町内会及び海吉出村町内会の住宅団地
  • 採択事業者:
    株式会社岡山不動産鑑定事務所 (審査結果について
  • 共同提案者:
    両備ホールディングス株式会社 岡山まちづくりカンパニー 、 株式会社両備ヘルシーケア 、
    岡山定借事業研究会
  • 事業の概要:
    地区内の住宅の流通を促進し、地域の活性化に貢献するため、岡山市 福泊川東町内会及び海吉出村町内会の住宅地の約 1,100 世帯の地区を対象に相談窓口(岡山住まいと暮らしの相談センター)を設置して、住宅の利活用の啓発と相談対応、住宅診断・リフォーム補助の受付と実施、対象地区の現状の調査(空き家調査)、住民の意識・意向のアンケート調査、利便施設の研究・誘致活動を行った。
  • 実施の期間:
    2015年~2016年2月
  • 対象地区の状況:
    対象地区は岡山市中心部から約8kmに位置する郊外住宅地で、早いところでは昭和40年前半から宅地開発が始まっている地域です。特徴としては中規模の2つの住宅団地の周辺に多数の小規模な住宅団地があり、住宅地を形成しております。

両備福泊団地

両備サニー海吉団地

周辺の小規模団地

このページの先頭へ