本事業は、「福泊川東町内会地区および海吉出村町内会地区」を対象として、2015年~2016年2月に実施いたしました。
現在、補助金の受付(無料住宅診断、リフォーム補助)は終了させていただいております。

国土交通省 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業について

  • モデル事業概要
  • 事業の実施内容
  • 事業の終了にあたって
  • 今後の活動について

今後の活動について

岡山住まいと暮らしの相談センターについては引き続きモデル地区の皆さまからのご相談に対応させていただきますとともにさらに岡山県内のエリアでこの活動を継続いたします。また、各方面からのご要望もあり、専門家の皆さまとともに岡山住まいと暮らしの相談センターを一般社団法人として法人化を行う準備を進めております。今後は「一般社団法人岡山住まいと暮らしの相談センター」としてこの事業の取組みの経験から岡山県内の住宅の利活用・空き家問題を啓発する団体として活動していく予定です。また、岡山市の空き家に対しての補助制度(空き家診断、リフォーム、除却)などを利用した空き家や住宅の利活用の促進の活動とまた、利便施設についても国土交通省の空き家再生等推進事業の補助を利用しての設置を事業終了後も引き続き検討します。

この度、郊外住宅向け「住まいと暮らし充実マニュアル」を制作しております。これは、空き家への対策、不動産流通を活性化し、より住みやすく、魅力ある地域を提案した冊子になります。住宅診断や売却・賃貸、土地活用や管理委託、リフォームや増築・減築、資産管理や相続・税金や、モデル地区の方々の今後の住み替えについてなど参考になる内容となっております。希望の方は、同センターに申し込みいただければ郵送させていただきます。

住まいと暮らしの「お悩み」をぜひ当センターにご相談ください。

このページの先頭へ