売却する建物の築年数のお悩み、岡山住まいと暮らしの相談センターにご相談ください!

売却したいが建物の築年数が気になる

建物が住める状態かどうかがまず重要になります。傷んでいる場合は応急処置などを行ってから売却された方が良いことも多いでしょう。住むことができないほどの傷みがある場合は、解体してから売却先を探すか、解体費用を差し引いた価格で売却することになります。
安全にかかわることで、専門的な知識による判断が必要になってきますので、費用はかかりますが建築士による劣化診断(住宅診断)もご検討ください。

岡山住まいと暮らしの相談センターにご相談いただければ、物件の調査を行ってアドバイスをさせていただきます。また劣化診断(住宅診断)や建物の修繕・解体が必要な場合は連携している専門家・業者をご紹介させていただくことも可能です。

岡山住まいと暮らしの相談センターへいますぐご相談なら

お電話でのご相談
086-206-5581

このページのトップへ