建物の解体に関するお悩み、岡山住まいと暮らしの相談センターにご相談ください!

利用していない建物を解体したい

解体に関しては専門家である解体業者にご依頼ください。解体後の瓦礫等の処分も含め信頼できる解体業者を探しましょう。解体が高額に感じる場合もあるので、数社に見積を依頼し、条件・金額などをご検討されることをおすすめします。

解体後利用の予定がなく更地のままになる場合は、「小規模住宅用地」や「一般用住宅地」ではなくなるため優遇がなくなり、固定資産税が増加します。その後の利用方法も合わせてご検討されることが重要です。
建物自体に解体の必要性が無い場合は、解体費用を差し引いた価格で売却することや、短期的に住宅のまま管理するコストの検討もされてはいかがでしょうか?

岡山住まいと暮らしの相談センターにご相談いただければ、ご所有の不動産に応じたアドバイスをさせていただきます。また必要に応じて、連携する解体業者の紹介もいたします。

岡山住まいと暮らしの相談センターへいますぐご相談なら

お電話でのご相談
086-206-5581

このページのトップへ