コラム

  • コラム:1.不動産の価格はどのように決まるのですか
  • コラム:2.土地探しや現地見学での注意点は?
  • コラム:3.不動産を購入するまでの流れはどのようになりますか?
  • コラム:4.重要事項説明書とはどのようなものですか?
  • コラム:5.災害の被害にあいにくい土地の条件は?

5.災害の被害にあいにくい土地の条件は?

災害にあいにくい土地の条件については、不動産選びを行っている方にとって良い土地を選ぶ重要なチェックポイントであると思います。

たとえば、河川から近い土地は眺望も良く、空間としての広がりが感じられるため、住環境としては大変良いのですが、河川に大量の雨水が流れ込んだ場合、あふれ出して浸水被害を及ぼす可能性があります。
また、河川に近い土地以外でも海岸や水路、用水路等は周辺の土地で一番低い場所に位置している可能性があるため、浸水被害を受けやすいと言えます。

もし、購入希望の土地でこのような被害が心配な時は、不動産業者や近隣の方に聞いてみることをおすすめします。
他にも、各自治体の災害対策関連担当課には、「防災マップ」といった過去の災害の状況を調査し、集計したデータがストックされている場合があるので、それらを調べてみることもおすすめです。

また、建物の基礎部分が他の地域のものと比較して高く仕上げてあるといった地域は過去に浸水があったのではないかと推測されます。

このようなポイントに注意して今後の土地探しの参考にしていただければと思います。

このページの先頭へ